TEAC ロードセルサイト
TEDS校正

TEDS校正

校正とは?

指示計/アンプと「ひずみゲージ式トランスデューサー※」を接続し、指示値を設定する操作のことを「校正」といいます。ここで言う「校正」とは機器間同士の組合せの事です。
※ひずみゲージ式トランスデューサー:圧縮・引張ロードセル専用型ロードセル圧力トランスデューサー台はかりトルクメーター

校正種類とその特徴

校正には、実負荷校正、等価入力校正、TEDS校正の3種があり、各校正にはメリット・注意点がありますので、どの校正方法を選択するのかを検討する必要があります。
新機能として、「プラグアンドプレイ(PnP)ソリューション」TEDS校正があります。

※ TD-9000T独自機能
 上記の校正後にリニアライズ補正機能を行うことで、荷重測定の直線性を改善します。

校正種 実負荷校正 等価入力校正 TEDS校正
校正図

分銅を使用した校正

分銅を使用した校正

ロードセルに付属されている試験成績書を使用した校正

ロードセルに付属されている試験成績書を使用した校正

ロードセルに内蔵したメモリにモデル名・シリアル番号・感度を電子化して記録し自動校正

ロードセルに内蔵したメモリにモデル名・シリアル番号・感度を電子化して記録し自動校正

画面例
【TD-9000T】

実負荷校正 画面例【TD-9000T】

等価入力校正 画面例【TD-9000T】

TEDS校正 画面例【TD-9000T】

校正の流れ ①分銅の用意
②ロードセルと指示計を接続
③ブリッジ電圧の設定
④ゼロ点校正(Enter)
⑤分銅をロードセルに乗せる
値を手入力で指示計に記録
⑦表示単位選択
⑧設定完了
試験成績書を用意
②ロードセルと指示計を接続
③ブリッジ電圧の設定
④最小目盛設定(変更無しなら省略可)
試験成績書の値を手入力で指示計に記録
⑥ゼロ点校正(Enter)
⑦表示単位選択
⑧設定完了
①ロードセルと指示計を接続
自動読み込み
③ゼロ点校正(Enter)
④設定完了
メリット
  • ・高い分解能と精度が求められる。
    (重量計測向き)
  • ・実負荷を掛けなくて良い。
    (実負荷を掛けられない組込機器に最適)
  • ・実負荷を掛けなくて良い。
    (実負荷を掛けられない組込機器に最適)
  • ・等価入力校正を更に簡略化。
  • ・電源立ち上げと同時に自動設定。
  • ・試験成績書を紛失しても本体に記憶されているので安心。
注意点
  • ・分銅の用意が必須。
  • ・装置により実負荷を掛けられない場合がある。
  • ・費用・工数がかかる。
  • ・試験成績書が必ず必要。
  • ・ケーブル長によっては、抵抗値補正の必要があります。
  • ・和算には使用できません。
  • ・ケーブル長によっては、抵抗値補正の必要があります。

ティアックのプラグアンドプレイ(PnP)ソリューションとしてのTEDS校正

新機能として、「プラグアンドプレイ(PnP)ソリューション」TEDS校正があります。
接続しただけで校正を自動化できるため、他の校正にありがちなヒューマンエラーをなくします。

TEDS(Transducer Electronic Data Sheet)とは、センサー固有の情報を電子的に読み書きする仕組みで、センサーに内蔵したEEPROMに記録し、この値を電子的に読み書きすることができるIEEEで規格化された記述フォーマットの総称です。TEACのロードセル本体に内蔵されたメモリに下記を電子化し記録します。メモリーチップを内蔵させることで、対応が難しい小型低容量のモデルにも対応しています。

  • モデル名
  • シリアル番号
  • 感度(物理量に対する出力値)等の校正係数

センサーだけでなく指示計がその読み出しに対応することで、センサー固有の値を電子的に設定でき、記録された情報を 読み取り等価入力校正を自動化し、設定時のヒューマンエラーを排除、ロードセル交換時の負担を軽減することができます。

ロードセルの交換

【問題点】

  • 試験成績表の紛失により正確な感度がわからなくなることがある。
  • アンプ、指示計に一度設定すると何度も変更するものではないので、設定方法を忘れることがある。
  • アンプ指示計のマニュアルを紛失して、設定方法が分からなくなる。
  • ロードセルの組み込まれた機器が海外工場で使用されている例が多く、故障時に対応に手間取る。

ロードセルの交換

  • ロードセル本体に内蔵されたメモリーに感度情報が記録されているため、データの紛失が起こりません。
  • 指示計が自動モードの際、つなぎ変えて電源を入れると自動的に感度情報を再度読み込み、設定がされるため、マニュアルを見ながら手動での設定がなくなり、現場でのメンテナンス性が向上します。

TEDS 内蔵ロードセルの電気的接続

  • 図に示す通り接続してください。
    接続を間違えると平衡が取れなかったり、荷重を負荷した場合、出力電圧に誤差が生じます。
  • ケーブルの「橙、緑」またはコネクターピン「F、G」はTEDS 用の配線です。
  • リモートセンスには対応しておりません。
    リモートセンス対応品は、TEDS と同じケーブルやコネクターピンを使用しますので、誤ってリモートセンスとして使用しない様にご注意ください。
  • シールド線は本体に接続されておりません。外来からのノイズ等でアースの必要があるときは、シールド線を本体以外の部分で接地するなどの処置をしてください。
  • ケーブルを延長される場合は、専用ケーブルを使用してください。(当社にご相談ください)
  • 6φ以上のシールドケーブルは黄色

電気的接続

ティアックのTEDS対応への取組み

ティアックは国内で最初にマニュファクチャラーIDを取得。ワールドワイドでは16番目(現在登録数90社中)に取得済みです。(マニュファクチャラーID:32) 指示計についてもTD-250T以降のモデルではTEDS読み込みに対応しています。センサー、指示計両方の対応で設定が簡略化でき、現場での設定の煩雑さがなくなります。

マニュファクチャラーIDを取得

TEDS対応機種

TEDS規格:IEEE1451.4 クラス2 ミックスモードインターフェース

読込対応ロードセル規格: IEEE1451.4(V1.0)4kbit

※ティアックのロードセルは、IEEE1451.4(V1.0)4kbitに対応しています。

自動車各機能の試験・計測用製品ページ
半導体製造用製品ページ
Kulite 半導体圧力トランスデューサー