ティアックならではの

ティアックは、ロードセルの製造販売を開始した1980年代から、独自の構造により高精度化、 小型化を目指し、技術を培ってきました。最近では、独自の技術を用いて、高応答、高精度、 高安定度を実現したロードセルや、グリーン調達や環境対応でご要求の増えているRoHS対応の モデルなどを製品化しました。これら、独自技術を採用したモデルや環境対応モデルは、 今後も順次増やしてまいります。

また、ティアックは永年培った技術を用い、単なるカタログ製品の販売だけではなく、 小ロットからの特注製品の製作にも力を入れています。仕様の打合せ段階から導入まで、 営業と技術が一体となってお手伝いし、お客様に満足のいただけるロードセルを市場へ 提供しております。

td-700t
TEDS規格準拠
カラーグラフィックデジタル指示計
TD-700T

さらに、ティアックでは、ロードセルおよびロードセル指示計のTEDS (IEEE 1451.4 Transducer Electronic Data Sheet)対応を強力に推進。国内メーカーで 最も早くManufacturer IDを取得し、TEDS対応ロードセル、指示計の製品化もいち早く実現しました。

TEDS対応ロードセルはモデル名、固有のシリアル番号、校正感度などを記した試験成績表 (TEST REPORT)を電子化し、ロードセル内に設けたメモリの中に記録しています。 TEDS対応するロードセル指示計と組み合わせることで、記録された情報を読み取り等価入力校正を 自動化し、設定時のヒューマンエラーを排除、ロードセル交換時の負担を軽減することができます。

これら永年培った技術や最新技術を生かした製品や、環境対応した製品は、 製造機器などを含め様々な分野でご活用いただいています。