RS-485とは?

RS-485とは、米国電子工業会(EIA)によって標準化された、シリアル通信の規格の一つで、
RS-422の上位規格です。
TD-700T RS-485対応モデルは、一対複数のマルチドロップ接続に対応した通信規格になります。

TD-700T

RS-485対応モデル TD-700T(485)

※RS-485対応は、出荷時オプションです。

方式 RS-485 準拠 2 線式
転送方式 調歩同期、半二重通信
接続台数 最大32 台 (マスタを含む)
コード ASCⅡ
注意・制限事項
RS-485通信の端子はTEDS通信と共用しています。
このため、電源ON 時および手動によるTEDS校正中に、装置がTEDSデータを読出している間は、RS-485通信ができません。
(通常TEDS データの読み出しは装置起動後、約20秒で完了します。そのタイミングでコマンドを発行された場合は無視されます)
電源ON時は、起動時間と合わせて約40秒待ってから通信を行ってください。