よくある質問

Q1 ロードセルが壊れているか調べたい。

静ひずみ計などを利用して無負荷状態でのひずみ量を測定してみてください。示されたひずみ量が初期ひずみから比べて大きく変化しているようでしたら、オーバーロードなどの理由で感度部が壊れている可能性があります。

※TD-700T、TD-01 Portable の静ひずみ表示機能で確認できます。

Q2 ロードセルの配線の色を教えてください。

ロードセルのメーカーによって、配線の色は異なります。ティアックの配線の色は以下の通りです。

赤 印加電圧(+)
黒 出力信号(-)
青 印加電圧(-)
白 出力信号(+)
橙 TEDS信号(+) *
緑 TEDS信号(COM) *
黄 シールド

* TEDS対応品のみ

Q3 分解能と精度について教えてください。

定格出力が100mV で精度が0.1%のセンサを8bitでA/D変換すると考えます。

分解能は、測定器、表示器が検知しうる最小の能力のことです。例えば、フルスケールが100mV出力するセンサーを8bitのA/Dを使用して計った場合は、8bit=2^8=256段階ですので、最小分解能は、0.390625mvと成ります。

また、精度についてですが無負荷時の出力と定格容量負荷時の出力の理想直線からどれだけの誤差があるを定格容量の百分率で現わします。例えば、先ほどのセンサーの精度が0.1%ですので、測定結果に最大100mV×0.1%=0.1mvの誤差を生じている可能性があるということになります。

このケースでは、0.1%の誤差を含んだ出力信号を、0.39mvの分解能でADすることになり、測定系全体では、実際の現象を、広義の意味で精度よく計るためには、精度と分解能をそれぞれ高精度、高分解能にする必要があります。

上のように、分解能と精度については似ているようで、全く違う性能を表現しています。

Q4 RoHS対応はしていますか?

はい。当社では、順次RoHS対応のロードセルを増やして行きます。

Q5 本質安全防爆について教えてください。

防爆とは、工場や事業所において可燃性ガスまたは可燃性液体の蒸気が存在するか、または存在する恐れのある場所に、電気設備を設置したり使用する場合に、この電気設備が原因となって生ずる火災などを防止するために定めるものを表します。当社の防爆構造の種類は本質安全防爆で、独立行政法人 労働安全衛生総合研究所の認定を受けています。認定済みのロードセル型番は一般の名称とは異なりますので、営業にお問い合わせください。

Q6 本質安全防爆構造のロードセルをしようする場合に接地工事は必要ですか?

はい。弊社の安全保持器はツェナバリヤを使用することで認定を受けており、事故時の電流を本安接地に流す必要がありますので、A種接地工事が必要になります。

Q7 TD-280T/TD-275T の内蔵リチウム電池は交換できますか?

弊社の修理サポートにて交換可能です。交換のために返送をお願いしております。まずは弊社営業担当へお問い合わせください。

Q8 ロードセルのたわみ量を教えてください。

下記の表をご確認ください。
※この表に無い機種は、直接営業にお問い合わせください。

TUシリーズ
型名 定格容量 たわみ
(mm)
TU-BR 200N 0.23
500N 0.19
1kN 0.18
2kN 0.21
5kN 0.14
10kN 0.2
20kN 0.23
TU-CR 50N 0.42
100N 0.35
200N 0.3
500N 0.25
1kN 0.21
2kN 0.24
TU-GR-G 5kN 0.03
10kN 0.03
20kN 0.03
50kN 0.04
100kN 0.04
200kN 0.06
500kN 0.04
1000kN 0.09
TU-NR-C-G 1kN 0.01
2kN 0.02
5kN 0.02
10kN 0.02
20kN 0.02
50kN 0.02
100kN 0.02
200kN 0.03
TCシリーズ
型名 定格容量 たわみ
(mm)
TC-AR(T)-G 20kN 0.03
50kN 0.07
100kN 0.06
200kN 0.09
TC-ER 5kN 0.06
10kN 0.06
20kN -
50kN -
100kN -
200kN -
500kN 0.16
TC-FR(T)-G 500N 0.15
1kN 0.1
2kN 0.07
5kN 0.07
10kN 0.05
TC-KR(T)-G 5kN 0.03
10kN 0.03
30kN 0.03
50kN 0.02
100kN 0.02
200kN 0.02
TC-XR(T)-G 20kN 0.02
50kN 0.02
100kN 0.03
200kN 0.03
300kN 0.03
TC-LR 5kN 0.25
10kN 0.3
20kN 0.35
TC-MR 5kN 0.008
10kN 0.016
20kN -
型名 定格容量 たわみ
(mm)
TC-SR 5N 0.02
5kN 0.005
10kN 0.003
TC-SR(T)-G 10N 0.01
20N 0.02
50N 0.01
100N 0.01
200N 0.02
500N 0.01
1kN 0.007
2kN 0.005
TC-USR(T)-G-17 2N 0.025
5N 0.03
10N -
20N -
TC-USR(T)-G-23 2N 0.02
5N 0.03
TC-USR(T)-G-29 10N 0.025
20N 0.03
50N 0.04
100N 0.03
TC-USR(T)-G-30 0.5N 0.07
1N 0.06
TC-USR(T)-G-34 200N 0.05
500N 0.065
1kN 0.04
2kN 0.03
TTシリーズ
型名 定格容量 たわみ
(mm)
TT-FR(T)-G 500N 0.15
1kN 0.1
2kN 0.07
5kN 0.07
10kN 0.05
TT-GR 2kN 0.09
5kN 0.05
10kN 0.03
20kN 0.12
50kN 0.15

Q9 [TD-700Tシリーズ]ひずみゲージ式ロードセルの接続方法の注意点は?

下記フローチャートをご参照の上、ロードセルとの接続をおこなってください。

フローチャート

信号入出力端子台 (1・2) は、リモートセンスとTEDSセンサーのデータ端子とを共用しています。センサーを接続する前にどちらを接続するかをあらかじめ「リモートセンス/TEDS」で設定しておく必要があります。

初期値は「リモートセンス無効/TEDS 有効」に設定されています。

  • 6線方式(リモートセンス方式)でご使用の場合には、必ずセンサーを接続する前に「リモートセンス/TEDS」を「リモートセンス有効/TEDS 無効」にした後、センサーを接続してください。
  • TEDSセンサー または 4線方式の場合は、「リモートセンス無効/TEDS 有効」でご使用ください。
  • 誤った接続や設定をすると、センサーが故障することや、指示値が正常に表示されない場合があります。